【画像付き】mineo(マイネオ)のiPhone・Androidのキャリアメール設定方法を初心者向けに解説

mineo(マイネオ)は格安SIMのため申し込んでから自分でキャリアメールを設定する必要があります。

この記事では、mineoのキャリアメールの設定方法について、「iPhone純正アプリ」「CosmoSia」「Spark」「K9-mail」を用いて設定する方法を解説しています。

楠リカのアイコン画像楠リカ

中でも「Spark」は非常に便利なメールクライアントアプリです。iOSしか対応していませんが、Gmailもまとめられるので、iPhone使いならこのアプリをおすすめします。

目次

iPhone標準アプリのマイネオメール設定方法

まずは、純正のメールアプリを開き、その他を選択。

新規アカウントとして「○○○@mineo.jp」のアドレスと、メールパスワードを入力(eoのIDとは異なるので注意)。

入力すると、さらに細かく入力する画面になりますので、これらを入力します。受信メールサーバには「imap.mineo.jp」と、先ほど同様のメールアドレスとメールパスワード。送信メールサーバには「stmpauth.mineo.jp」とメールアドレス、メールパスワードを入力。

(写真では、送信メールサーバのホスト名が、「stmppauth.mineo.jp」になっていますが、これは間違いで、正確には「stmpauth.mneo,jp」です)そして、「return」を押すと、検証中となり、一番上の考え中アイコンが回り始めます。

しかし、一回目は成功しません。なぜなら、mineoのメールはSSL接続では設定できないから、なんです。

「アカウントをSSLなしで設定しますか?」という選択肢に対して、「はい」を選択すると、無事設定が終わり、受信画面に移ります。

この状態でメールの設定は完了。送信で試しに知り合いに送るか、自分自身に送って通信確立しているかどうか確認してくださいね。

CosmoSia(コスモシア)のマイネオメール設定方法

google playより、CosmoSia(コスモシア)をダウンロード、インストールします。以下はダウンロードできるリンクです。

無料メールアプリ - CosmoSia:Gmail ヤフー キャリアメール SMS対応

無料メールアプリ - CosmoSia:Gmail ヤフー キャリアメール SMS対応

株式会社ACCESS無料posted withアプリーチ

インストールして起動すると、下記のようなメール設定画面が現れます。ここでは「その他」を選択します。

次に、自分のmineoメールアドレスとメールアドレスパスワードを入力します(メールアドレスパスワードは、mineoマイページの契約内容照会から確認することができます)。

メールアドレス、パスワードを入力するとプロトコル選択画面が出てくるので、IMAPを選択します。

下記のサーバ設定において、それぞれ設定項目を入力していきます。

  1. ユーザー名
  2. IMAPサーバの変更「imap.mineo.jpを入力」
  3. IMAPサーバのポートを143に変更
  4. STMPサーバの変更「smtpauth.mineo.jpを入力」
  5. STMPサーバのポートを587に変更
  6. 認証ONにして、ユーザー名とメールパスワード入力

CosmoSiaの設定画面から入力を大きく変更しないといけないので、コツコツ丁寧にやっていきましょう。変更項目は下記の通り。

これで設定が上手くいけば、設定が終了し、下記のインストール終了画面がでてきて完了です。

Spark(スパーク)のマイネオメール設定方法

アプリストアからSparkをダウンロードします。以下からもダウンロードできます。

Spark – メールアプリ by Readdle

Spark – メールアプリ by Readdle

Readdle Inc.無料posted withアプリーチ

アプリを開くと下記のようなタイトル画面が現れます。下にスライドしていき、「使い始める準備ができました」のところをタップします(タイトル画面のログインは使う必要はありません)。

サービスに接続の画面が開いたら、一番下の”その他”をタップします。そして、ログイン画面が開くので、mineoのメールアドレスと、メールアドレス用パスワードを入力します。

メールアドレスと、メールアドレス用パスワードは、mineoのマイページで確認することができます。マイページの下部の方に”ご契約内容紹介”がありますのでこちらから確認することができます。

ご契約内容照会の中にメールのパスワード確認画面がありますのでこちらをSparkに入力してください。

Sparkのアプリ設定の方に戻ります。先ほどのメールアドレスとパスワードを入力したら、緑のログインボタンを押します。パスワードが合っていれば、アカウントの詳細画面が開きます。通知設定については、ご自分で選択してください。

“通知”を選択すると、ロック画面のところに通知が表示されるようになります。

最後にこの画面が表示されれば設定完了です。完了を押すと、受信ボックスが開くとメールがあると思います。念のため、右下の”ペンマーク”から新規メールを作る事ができるので、自分にメールを送って確かめてみて下さい。

K-9mailのマイネオメール設定方法

「K-9mail」をGoogleplayからダウンロードしてください。以下からインストールできます。

K-9 Mail

K-9 Mail

K-9 Dog Walkers無料posted withアプリーチ

開くとk-9mailの特長一覧が出てきます。ちょっと言葉が専門的でわかりにくいなぁと思いますが、細かくは追求せず、まず「次へ」をタップ

アドレスとメールパスワードを聞かれるので、入力します。ここで入力するのは、mineoメールアドレスとメール用のパスワードです。

「IMAPサーバ」を選択します。

受信メールサーバの設定を下記のように入力していきます。間違えやすいのが、アカウント。「・・・・@mineo.jp」で入力してください。細かくは以下の参考例をどうぞ。

  • IMAPサーバ:imap.mineo.jp
  • 保護された接続:使用しない
  • ポート:143
  • アカウント名:・・・・@mineo.jp
  • 認証タイプ:パスワード
  • IMAP名前空間を自動検出にチェック
  • ネットワーク経由で圧縮:全てにチェック

入力例がこちら。

送信メールサーバも同様に入力していきます。

  • SMTPサーバ:smtpauth.mineo.jp
  • 保護された接続:使用しない
  • ポート:587
  • このサーバは認証が必要にチェック
  • アカウント名:・・・・@mineo.jp
  • セキュリティ設定:パスワード
  • パスワード:メールパスワードを入力

入力例がこちら。

さらに、通知設定について入力。僕はデフォルトのまま登録。

最後にアカウントのスレッドタイトルと、署名を入力します。僕はmineo、そしてとなしばと入力(となしばというところは署名にあたります)。

起動直後はこんな感じになっています。このmineoと書かれている部分は、先程決めたスレッド名が反映されています。

mineoスレッドをタップすると受信ボックスが開きます。なんとなく、gmailを、イメージさせるようなデザインですね。

受信メールの見え方はこんな感じ。ちゃんとCosmosiaで送った絵文字もきちんと使えていますね。

さらに注目が、こちらの署名。設定のところで入力した入力した「となしば」というのが反映されてます。

mineo(マイネオ)に変更することで、相手先に「なんだ?このメールアドレス?」と思われないためにも、署名を設定しておくことをオススメします。

余談ですが、先ほどの写真を見ると、キャリアの絵文字もk-9 mailではちゃんと文字化けせずに表示されています。キャリア間での絵文字も問題ありません。

まとめ

キャリアメール設定の手順は多いですが、順番にこなしていけば複雑なことはありません。ぜひ設定しておくようにしましょう。

メールの設定が終わったら、家族で使われている場合は合わせてパケットシェアの設定をしておくことをおすすめします。毎月余るパケットを無駄なく使うことができるので、設定しておきましょう。

目次
閉じる