Galaxy A41のカメラ作例・写真

Galaxy A41のカメラ性能

有効画素F値手振れ補正
広角4800万画素
超広角500万画素
望遠800万画素
インカメラ2500万画素
ーは記載なし項目

本作例ではカメラ機能を純粋に評価するために、注釈がない限りオートで撮影を行っています。検証機はメーカーより貸し出しを受けています。

写真はクリックすることで拡大できます。

Galaxy A41で昼間の屋外撮影した写真・作例

Galaxy A41は見たままを自然に写せるカメラというイメージです。上位のGalaxyシリーズの場合、補正が強く出て色合いがよりヴィヴィットに出るケースが多いですが、A41の場合はそういったことはありません。ただ補正量が少ない欠点からか、外で撮影した写真で曇り空だと全体的に写真が暗くなる傾向がありました。


Galaxy A41で夜間の屋外撮影した写真・作例

Galaxy A41の夜の撮影は光量により得手不得手がはっきりとわかる結果になりました。2,3,4,6のように光量があまり多くない場合には綺麗に撮影できますが、1,4のように光量が多い箇所が出てくると露出オーバーになる傾向が見られています。

上位のGalaxy S20+ 5Gのカメラ作例と比べて頂くとわかりますが、こういった処理はハイエンドモデルの方が優れていると感じます。


Galaxy A41で室内撮影した写真・作例

Galaxy A41は室内撮影が苦手な印象を受けました。もともとのオートでの設定時の露出が控えめになっているせいか全体的に暗く映る傾向があります。1~4枚目はまさにその傾向が出ています。

ただ、Galaxy S20+ 5Gでもそうでしたが、補正は綺麗だと感じました。1~3枚目は白熱灯タイプのライトの下で撮影していますが、黄色みがほとんど出ていません。同じ場所でiPhone 11 Proで撮影するとかなり黄色くなったので、Galaxy シリーズの補正の威力を感じました。


※レビュー記事は姉妹サイト「SIMPC(シンプシー)」にて公開しています。