【ブロガーインタビュー】節約リッチ生活のりらさんに聞いたポイ活とスマホの活用術を解説してもらいました

のアイコン画像

はじめまして。「りら(@rira_srich)」です。

私は、とにかく面倒くさがりで、貯金ゼロの浪費家でした。出産をきっかけに危機感を覚え、年間100万円以上の貯金ができるように成長。

現在は、その経験を生かして「頑張らない節約」をモットーに、「節約リッチ生活」というブログを運営しています。そんな、面倒くさがりな私の節約生活の一部をご紹介したいと思います。

目次

ポイントをたくさん貯めている

私は、ちまちました節約は一切していませんが、生活の中で年間10万ポイント以上を貯めています。

のアイコン画像

どんなふうにポイントを貯めているのか教えるね

固定費を「クレジットカード」で払ってポイントゲット

  • 水道代などの水道光熱費
  • スマホ代などの通信費

等、毎月必ずある支出はクレジットカードで支払っています。

メインカードはリクルートカードプラス
のアイコン画像

固定費のクレジットカード払いは、使いすぎの心配がないのでおすすめ!

年会費無料でポイント還元率の高いクレジットカード(楽天カードなど)を使えば、どんどんポイントが貯まります♪

スマホでアンケートに答える「覆面調査」でポイントゲット

飲食代の最大100%がポイントバックされる「ファンくる」というサイトで覆面調査をしています。覆面調査は、お店の人にバレないように食事をして、お店の良かった点・悪かった点などを回答します。アンケートはスマホから回答できるので楽ちん。

のアイコン画像

今回は、イタリアンに行ってきました(^^)

飲食代6,944円に対し、30%の2,083円がポイントバックされるので、実質4,861円で食事が出来ました!節約していると外食はためらいがちですが、覆面調査でお得になるので罪悪感なく楽しめます♪

気になる商品がお得に試せる「ポイントサイト」でポイントゲット

インターネット上のポイントカードのような「ポイントサイト」を利用して、気になる商品をお得にお試ししています。

のアイコン画像

ずっと気になっていたドルチェグストがとってもお得に!

詳しいことは言えませんが…たくさんポイントが貰えました!!(∩´∀`)∩ワーイ

たくさん貯めたポイントのりら流使い方

のアイコン画像

よりお得な方法を取り入れて、ポイントを使っています。

クレジットカードで貯めたポイントはちょっとした贅沢に。その他の方法で貯めたポイントは、普段のお買い物に使っています。

「ウェル活」で食品・日用品をお得にゲット

ドラッグストアの「ウエルシア」は、毎月20日のお客様感謝デーにTポイントの価値が1.5倍。

  • 200ポイントで300円分
  • 1,000ポイントで1,500円分
  • 3,000ポイントで4,500円分

のお買い物ができるので超お得。言い換えると、店内ほぼ全品が約33%オフになります。

のアイコン画像

毎月20日にまとめ買いしているよ

「ポン活」でお菓子など嗜好品をお得にゲット

ローソンで、Pontaポイント・dポイントを使って発行できる「お試し引換券」を利用して、お菓子などの嗜好品をお得にゲットしています。お試し引換券は、新商品や話題の商品などを定価の1/2〜1/3ほどのポイントで交換可能。

おやつを半額でゲット子供のおやつにも最適です♪

のアイコン画像

食べ過ぎには要注意!

プリペイドカード「Pollet(ポレット)」にチャージして使う

ポイントサイトで貯めたポイントを、「Pollet(ポレット)」というプリペイドカードにチャージして使っています。Polletは、全国のVISA加盟店で使えるので、ポイントの使いみちに困ることがありません。

のアイコン画像

毎日のお買い物で活躍しています

チャージも明細の確認も専用アプリから簡単にできます。

クレジットカードで貯めたポイントは贅沢に使う

のアイコン画像

クレジットカードで貯めたポイントは、無駄遣いOK!

家計から購入するのをためらうような物は、ポイントを使っています。例えば、ピザハットでピザを頼んだり、

高島屋でJIMMY CHOO(ジミー・チュウ)のお財布を買ったり😁

のアイコン画像

美容院代なんかもポイントでまかなっているよ

スマホアプリ「かけ〜ぼ」で家計簿をつけている

私は、「かけ〜ぼ」というスマホアプリで家計簿をつけています(Google PlayApp Store)。「かけ〜ぼ」は、連携機能などはない超フツーの家計簿アプリです。基本は使った日に、費目と金額を入力していくスタイル。

  • 帳簿を複数設定可能
  • 現金払い・カード払いなど選択可能
  • 締め日は自由に変更可能
  • 毎月決まった支出は登録しておける

など、地味に便利な機能が詰まっています。

りら流の使い方

私は、「固定費」「やりくり費」「特別費」「お小遣い」の4つに帳簿を分けています。「固定費」は

  • 住宅ローン
  • 保育料
  • 保険料
  • 水道光熱費

など、クレジットカード払いや口座引き落としの支出を記録。

「やりくり費」は

  • 食品
  • 外食
  • 日用品

など普段のお買い物を記録しています。

やりくり費だけで集計することで、

  • やりくり費を今いくら使っているか
  • 予算まであといくらなのか

がわかるので、固定費とやりくり費で帳簿を分けています。※固定費からやりくり費へ毎月「資金移動」することで予算管理しています。「固定費」と「やりくり費」をまとめてグラフ化できるので、月の支出は簡単に把握できます。

「特別費」は

  • 税金
  • レジャー費
  • 被服費
  • 医療費

など、毎月ではない支出を記録しています。「お小遣い」は、自分個人の支出を記録しています。

毎月の流れ

まず、固定費を記録します。毎月金額が決まっているものは「固定費の設定」という機能で、自動的に反映されます。

クレジットカード払いのものは、利用金額が確定したタイミングで「引き落とし日」に記録します。次に、やりくり費・特別費は使った日で記録していきます。

やりくり費は基本的に、現金・電子マネー・プリペイドカード払いなどでクレジットカードは利用しません。特別費はクレジットカード払いが多いですが、固定費とは異なり「使った日」で記録しています。

ポイントを使ったときの家計簿のりら流のつけ方

ポイントを使ったときの家計簿のつけ方は2通り。ポイントサイトなどからの交換がメインのTポイントは、ポイントを使った分も家計簿に記録しています。私は、家計簿上の残高と財布の残高が合わなくても気にしないので、ポイント収入は記録せず、支出のみを記録しています。

クレジットカードなどで貯めたポイントがメインの「Pontaポイント」と「楽天ポイント」は、ポイントを使っても家計簿につけていません。Pontaポイントと楽天ポイントは「贅沢費」として自由に使っています。上記以外のスーパーなどのポイントも、「値引き」程度にしか貯まらないので家計簿には記録していません。

スマホアプリで資産を把握

我が家の資産がどれくらいあるのか把握するために、「マネーツリー」というスマホアプリを使っています(Google PlayApp Store)。マネーツリーは銀行や証券会社・クレジットカードなどと連携できるので、自分でいちいち計算しなくても、大体の資産状況が把握できます。

金額が増えていくのが見えることで、貯金のモチベーションがアップします。

のアイコン画像

だんだん増えていくのを見ると楽しい!

ちょっとの工夫で生活にゆとりが生まれる

私が貯金をし始めた頃は、何を買うのも「お金が減る」ということにストレスを感じていました。現在は、ポイントで気兼ねなく贅沢することで、節約のストレスを感じにくくなり、心にゆとりが生まれました。

ポイントを面倒だと思う方も多いですが、ぜひ何か一つでも取り入れてみてくれたら嬉しいなと思います(^^)

この記事を書いた人

夫と子供3人の5人家族。もともとは浪費家だったけれど、出産をきっかけに家計管理を始め、年間100万円以上の貯金ができるようになりました。節約ブログ「節約リッチ生活」 では、「頑張らない節約術」を紹介しています。

目次
閉じる