【知らないと損する】auのwalletポイント(ウォレットポイント)のお得な使い方と注意点を初心者向けにやさしく解説

au関連サービスを利用することで貯まる「WALLETポイント(ウォレットポイント)」。しかしいざポイントを使うとなると、どんな方法で使えば良いのか、頭を悩ませてしまう人も多いでしょう。

できたら少しでもお得な方法で使いたいですし。そこで、ここではWALLETポイントのお得な使い方についてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

auのWALLETポイントとは?

au Payクレジットカードを利用すると、「WALLETポイント」が貯まります。しかしWALLETポイントが貯まるのは、au Payクレジットカードだけではありません。WALLETポイントを貯める基本的な方法は全部で3つ。

貯める方法還元率
au Payクレジットカード
au Payゴールドカード
200円(税込)ごとに2ポイント
au Payプリペイドカード200円(税込)ごとに1ポイント
au通信サービス
(au携帯電話やauひかり料金など)
1000円(税抜)ごとに10ポイント

au Payクレジットカードに比べると還元率は低いですが、au Payプリペイドカードでも支払い額に応じてWALLETポイントが付与されます。

au Payプリペイドカードは審査がなく、au Payクレジットカードより気軽に持つことができるので、au Payクレジットカードが持てない・持たないという人はau Payプリペイドカードを利用してWALLETポイントを貯めていきましょう。

WALLETポイント(ウォレットポイント)の有効期限

せっかくポイントを貯めても、有効期限が切れて消失してしまうのはとてももったいないですよね。ポイントの有効期限についてはしっかりと確認しておきましょう。

WALLETポイントの有効期限は「付与から4年間」。例えば2018年4月1日に獲得したポイントについては、2022年の3月31日までが有効期限ということになります。

ただし、キャンペーン等で獲得した「期間限定ポイント」に関しては有効期限がそれぞれ異なるので注意。キャンペーン等でもらえるポイントは額が大きい分、うっかり使い忘れて消失してしまうととてもショックなので、ちゃんと確認しておきましょう。。

楠リカのアイコン画像楠リカ

今自分が持っているポイントの有効期限は、My auで確認することができます。

WALLETポイントの使い方

WALLETポイントの使い道には以下のようなものがあります。

Walletポイントの使い道

  • au Payプリペイドカードにチャージ
  • au Payクレジットカードの請求額に充当
  • au料金の支払いに利用
  • データチャージ料金の支払いに利用
  • 携帯やスマホの購入・修理・オプション品購入に利用
  • ネットショッピングで支払いに利用
  • デジタルコンテンツの支払いに利用
  • 商品や他ポイントとの交換

このように様々な方法でポイントを利用することができるため、使い道に困るということはなさそう。しかしやはり考えるのは、「どの方法でポイントを使うのが一番お得なのか?」ということ。ここからは、お得なポイントの使い方について見ていきましょう。

au Payプリペイドカードのチャージ

WALLETポイントをネットショッピングなどで直接支払いに利用するのが、簡単でいいという人も多いでしょう。しかしそれでは、ポイントを利用した支払いについては、ポイント対象外となってしまいます。そこで、おすすめなのがau Payプリペイドカードにチャージする方法。

au Payプリペイドカードにチャージすることで、au Payプリペイドカードでの支払い時にも再びポイントを獲得することができるのです。例えば、1,000円分の買い物を直接ポイントで支払った場合、実質支払い金額は0円となるので、当然もらえるポイントも0。

しかし1,000円分のポイントをau Payプリペイドカードにチャージして支払えば、200円につき1ポイント、つまり1,000円分なら5ポイント獲得できるのです。

ポイントを使ってポイントが貯まるケースというのはまず他にはないので、とてもお得な使い方ですよね。au Payプリペイドカードへのチャージは100円単位で、月20,000円までが上限となります。

au Payクレジットカードを持っているならau Payプリペイドカードを使う意味はない

上でおすすめしたau Payプリペイドカードにチャージしてポイントを使う方法、じつはau Payプリペイドカードユーザー向けであり、au Payクレジットカードユーザーにはあまりお得ではない方法なんです。

その理由は、au Payクレジットカードとau Payプリペイドカードの還元率の違い。au Payクレジットカードの還元率が1%なのに対し、au Payプリペイドカードの還元率は0.5%です。

つまり、通常の支払いではau Payクレジットカードとau Payプリペイドカードでは還元ポイントに0.5%の差がある、ということ。言い換えれば、au Payクレジットカードで支払いができる場面でわざわざau Payプリペイドカードで支払いをすると、0.5%分のポイントを損することになります。

何かau Payプリペイドカードでなければ支払いができない場面であれば別ですが、そうでなければau Payクレジットカードを使わずにau Payプリペイドカードで支払いをすることに大きなメリットはありません。

楠リカのアイコン画像楠リカ

遠回しな言い方でしたが、要するにau Payカードがあるならそっちを使いましょうということです。

au Payクレジットカードの請求額へ充当

簡単で便利なWALLETポイントの使い方と言えば、やはりau Payクレジットカードの請求額への充当です。

しかし中には、「ポイントで支払った分は、ポイント対象外となってしまって損なのでは?」と思った人もいるでしょう。例えば、請求額が50,000円で10,000円分をポイントで支払ったら、40,000円分に対するポイント(400P)しかもらえないのでは…と。

au Payクレジットカードの支払いで貯まるクレジットポイントは、買い物をして支払った時点で付与されます。

上と同じ例で考えると、請求時にはすでに50,000円分のポイント(単純計算で500P)の付与は決定しており、そこから10,000円分ポイントで支払っても、きっちり500Pもらえるというわけです。実質40,000円の支払いで500Pがもらえるわけですから、かなりお得なポイントの使い方ですよね!

というわけで、au Payクレジットカードユーザーなら、カード請求額への充当がおすすめです。こちらも利用は100円単位で、月に20,000円までが上限です。

希望商品を市場価格より割安で交換

ポイントの使い道を考える時、「商品との交換」を選択肢に入れる人は意外と少ないのではないでしょうか?なんとなく「普通に買ったほうが安いしお得」というイメージがありますよね。

ですがWALLETポイントを使って交換できる「au STARギフトセレクション」の商品の中には、市場価格よりかなりお得な値段(ポイント)で交換できるものがたくさんあるんです。試しに、いくつか例を見てみましょう。

例1:IDEA発酵フードメーカーLOE037

au STAR楽天市場
価格(ポイント)3600P5400円

例2:グラファイトヒーター AEH-G406N

au STAR楽天市場
価格(ポイント)4500P5740円

ポイントの基本レートは1P=1円なので、かなりお得に商品を入手できることがわかりますね!「普通に購入するよりも、ポイント交換のほうが必ずお得!」というわけではないので事前のリサーチは必要ですが、au STARギフトセレクションに欲しい商品がある場合は、ポイントとの交換も視野に入れてみてください

ただし商品が届くのは申し込みから1週間~1ヶ月ほどかかるので、急ぎの場合は気をつけてくださいね。

WALLETポイントを損する使い方もある?

WALLETポイントでau料金を支払う場合、「今月は1,000ポイント使おう」というような使い方ができません。

au料金を支払い方

  • 3,000ポイントコース(毎月利用金額から-500円×6ヶ月)
  • 6,000ポイントコース(毎月利用金額から-1,000円×6ヶ月)
  • 12,000ポイントコース(毎月利用金額から-2,000円×6ヶ月)

WALLETポイントでau料金を支払うには、上の3つのコースから1つを選択することになります。3つのうちいずれかのコースを申し込むと、申し込みと同時に指定したコース分のポイントが一括で消費され、以降6ヶ月間定額で割引がされる、という仕組み。

この仕組みの何に注意が必要なのかと言うと…「充当額が総請求額を超えた場合でも、翌月以降への繰越やポイントの返却はされない」という点です。例えば、12,000ポイントコースを申し込んだ場合、請求額が1,500円という月があったとしても、割引されるのは1,500円分のみ。

差額500円分については、翌月以降の割引へ繰り越されることも返却されることもなく、そのまま消えてしまうというわけです。まぁ請求額が2,000円を下回るようなことはなかなか無いとは思いますが、こういったケースもあるということは頭に入れておきましょう。

楠リカのアイコン画像楠リカ

ちなみに、割引が適用される6ヶ月の間にau契約を解除したり、一時休止したりして料金が発生しない場合でも、ポイントは返ってこないので気をつけてくださいね。

WALLETポイント(ウォレットポイント)についてのまとめ

WALLETポイントの使い方などについてまとめていきました。WALLETポイントの使い道はいくつもありますが、人や場合によってお得になるケース・損になるケースがあるということをわかって頂けたかと思います。

実店舗でそのまま支払いに利用ということができないのは少々デメリットではありますが、オンラインショップやデジタルコンテンツではそのまま支払いに利用することもできますし、au Payクレジットカードの支払いにも使えるので、「使い道が無くて困る」ということはまず無いでしょう。

使い方をしっかりと確認しておいて、無駄なく賢くポイントを利用してくださいね!

楠リカのアイコン画像楠リカ

Walletポイントを効率的に貯めたり、スマホの機種変更を安くしたい人は、au Wallet ゴールドカードの方が絶対におすすめ。ステータスが付くだけでなく、年会費以上に元が取れるので、必ずチェックしてね。

目次
閉じる