au Payゴールドカード(旧 au Wallet ゴールドカード)がお得!メリットと注意点を初心者向けにやさしく解説

auを使っている人なら、一度は聞いたことがあるであろう、クレジットカード「au Payクレジットカード」。このカードには、一般向けの通常カードと、ゴールドカードがあります。

もし契約するのであれば、年会費1万円がかかるものの、ポイントとクーポンの存在により、ほぼ確実にゴールドカードの方がお得になり、iPhoneをはじめ、高いスマホの本体代を節約することが可能です。

なぜ、au Pay ゴールドカードが一般カードよりおすすめなのか? そして、なぜ年会費分が取り返せるのか? その仕組みとまとめました。

楠リカのアイコン画像楠リカ

レギュラーカードよりも圧倒的にお得なので、ゴールドカードを選ばないと機会損失だよ。

目次

au Payゴールドカードを選ぶ一番の理由は実質無料になる「auのクーポン」

まず、一番お得なポイントがクーポンです。これを忘れてはいけません。初回、および毎年4月に配られるクーポンで、1万円分もらえます。年会費が1万円なので、この時点ですでに年会費分を取り戻すことができます。

やり方はとても簡単な3ステップ。

後ほど詳しく説明していますが、ゴールドカードは、レギュラーカードと比較して、ポイントが貯まりやすくなっています。レギュラーカードは年会費無料、ゴールドカードは実質無料になるため、ポイントが付く差額分さらにお得になると考えれば、au WALLETゴールドカード一択です。

もう一つの理由:au系のポイントなら10%分貯まる

クーポンで、ゴールドカードとして実質無料になっているわけですが、さらなるポイントが、「auで使ったポイントが10%貯まること」です。ざっくりとした話ですが、スマホ料金で5,000円はほとんどの人が最低でもかかっているんじゃないでしょうか?

5,000円の支払いがあれば、10%の500ポイントが貯まり、1年間(12か月)で6,000円相当のポイントがゴールドカードでスマホの支払いをするだけで自動的に貯まっていきます。レギュラーカードであれば、600ポイントしか貯まらないので、スマホを買い替える周期が2年とすれば、1万円以上の差が出てきます。

レギュラーは年会費無料、ゴールドはクーポンで実質無料というところで、あまり差がないように感じますが、auの支払い料金からもらえるポイントのことを考えるなら、ゴールド一択です。

au Payゴールドカードの基本的な特典を確認(下位グレードと共通)

クレジットカードの利用は200円につき2ポイント(還元率1%)

クレジットカードの利用については、200円につき2ポイントが貯まります。還元率1%なので、一般的なカードから考えると高めの設定になっています。

au WALLETポイントアップ店では3ポイントに

200円で2ポイントで還元率1.5%もらえるau WALLETクレジットカードですが、さらにポイントアップ店を活用すれば200円ごとに3ポイント以上が付与される「au WALLET ポイントアップ店」があります。対象の店舗の一部は以下です。

対象店舗一覧

  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ
  • イトーヨーカドー
  • TOHO CINEMAS

特にセブンイレブンはnanacoで支払うよりもお得になります(nanacoは還元率1%)。コンビニを利用されている方は多いと思うので、還元率1.5%ならば、かなり多くのポイントをゲットできますね。

au Payゴールドカード専用のサービスについて

データ定額プランに応じて、毎月1000円ごとにWALLETポイントが最大100P貯まる

au WALLETゴールドカードであれば、auのポイントが使用料金に応じて10%貯まることを、冒頭にお話ししました。さらに、au WALLET ゴールドカードの場合、データ定額プランの利用に合わせて、WALLETポイントが最大100ポイント貯められます。

年間利用ボーナスで最大4000P

ゴールドカードの隠れたメリットとして、年間利用ボーナスがあります。金額は以下の通り。

年間利用ボーナス

  • 100万円で500P
  • 150万円で1,500P
  • 200万円で4,000P

年間で200万円(約17万円/月の支払い)と聞くと、達成が難しいように感じるかもしれません。しかし、以下のような項目がすべてau WALLETクレジットカードに紐づけて支払いができるため、意外と200万円は難しくありません。

支払える項目の一例

  • 食費
  • 被服費
  • 水道光熱費
  • 車検代
  • 車の保険
  • 生命保険
  • 携帯電話料金
  • 固定インターネット料金

私もクレジットカードの年間の支払い額は200万を超えています。多いように感じるかもしれませんが、代わりに銀行引き落としがほぼありません。

ここに家賃がクレジットカードで払えると、ほとんどの人が年間200万を超えると思います。ボーナスポイントで、さらに4,000円分のポイントがもらえると還元率が、実質0.2%上がることになるので、とてもお得です。

他の特典について

ゴールドカードの他の特典は、空港ラウンジをはじめ、以下の通りです。非常にお得なので、ぜひ、ご利用ください。

  • 空港ラウンジが利用可能
  • 一流ホテル旅館の優待「Relux」
  • レンタカーを優待料金で(Hertz・トヨタレンタリース)

旅行のちょっとしたタイミングで、空港ラウンジが使えると便利ですよ。電源が完備されていたり、飲みものも飲み放題なので、離発着前後でしっかりとくつろぐことができます。

au Payゴールドカードの注意点は解約した時

au WALLETクレジットカードで、レギュラー、ゴールドにかかわらず、絶対に注意してほしいポイントが、auを解約したとき。au WALLETクレジットカードは間違いなくお得になるカードなんですが、あくまでもauを契約しているから、特別に受けられる特典のような形になっています。

スマホのauを解約してしまうと、ポイントが一切貯まらなくなり、レギュラーカードで年会費もかかるようになります。絶対にここは注意するようにしてください。

au PayゴールドカードのQ&A

Apple Pay(アップルペイ)は使える?

ちろん、レギュラーカード、ゴールドカード、どちらでもApple Payも使えます。還元率や、特典については、通常通りと変わりありません。

au WALLETクレジットカードのゴールドカード特徴まとめ

au WALLETクレジットカードのゴールドカードは、年会費がかかるものの、クーポン、au利用料金でのポイントアップ、そして年間ボーナスなどを考えると、年会費以上に還元があるため、非常にお得なカードです。

それも、auユーザーだからこそ、特別に特典を受けられるというところが一番のポイントなんですけどね。

楠リカのアイコン画像楠リカ

読んで頂き、ありがとうございました。この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる