【使い方講座】超人気の家計簿アプリ「Zaim(ザイム)」のメリット・デメリットを初心者向けに解説

テレビでも紹介され、累計700万ダウンロードされた日本最大級の家計簿アプリ「Zaim」。今までの家計簿アプリと言えば「入力が面倒」「実際に帳簿に書くのと何が違うの?」などの理由から、多くの人が途中で挫折してしまっていました。

しかしこの「Zaim」は、レシート撮影による自動入力や、予算の設定および細かな分析など、様々な機能を利用して便利に使うことができます…という謳い文句で大人気なわけですが、実際にどのくらい便利なのでしょうか?

実際に利用した人の声は「使いやすい」「続けられた」と、評判は上々のようですが…

楠リカのアイコン画像楠リカ

ここではZaimの使い方講座と便利な機能、そして実際に使ってみて感じるメリット・デメリットなどを紹介するね。

家計簿Zaim

家計簿Zaim

Zaim Inc.無料posted withアプリーチ

目次

「Zaim」の基本的な使い方講座

収入・支出を簡単入力

家計簿はまず、入ってきたお金、出て行ったお金を継続して記録していくことが大前提です。Zaimでは様々な便利機能を使い、漏れなく簡単に収入・支出を記録することが可能です。

レシートを見ながら直接入力

直接入力は、最も基本的な入力方法です。1項目ずつ金額を手入力し、カテゴリを選択。項目ごとにメモや写真を残すことも可能です。

☆数字キーは電卓にもなっていて、計算結果をそのまま入力することも出来て便利!。

楠リカのアイコン画像楠リカ

カテゴリ別に分類したい場合は、「カテゴリ選択」からカテゴリを選ぼう!。

レシートを撮影して自動入力

Zaimではレシートをカメラで撮影した画像を基に、コンピュータが自動入力を行ってくれる機能もあります。これがZaimの真骨頂。

店名、店の電話番号、商品名、価格をまとめて入力してくれるので、かなりの手間が省けます。自動入力された項目に相違がなければそのまま記録し、相違があれば手入力で訂正しましょう。

楠リカのアイコン画像楠リカ

入力モードは「レシート」を選択し、カメラでレシートを撮影!フラッシュや光、または暗すぎてレシートが見えにくかったり、遠すぎたり近すぎたりしても上手く反映されないから気をつけよう。

店名、商品名、金額、分類などがきちんと反映されているかチェックしましょう。分類や商品名は手直しが必要なことが多いので、その場合は手入力で直してください。

各商品ごとに、メモや写真も一緒に記録できます。

「よく使う」から入力

頻繁に発生する収入・支出については、「よく使う」に登録しておくことで、次回から入力の手間を省くことができます。登録した項目をタップすると店名・カテゴリ・価格等がそのまま出てくるので、変わりがなければそのまま記録しましょう。

履歴からも、「よく使う」に登録したり、以前入力した項目をコピーして使うことも可能です。

楠リカのアイコン画像楠リカ

履歴から「よく使う」に登録したい取引を選んで登録すると…記録画面の「よく使う」の一覧に出てくるよ!

「繰り返し設定」に登録

例えば、毎月一定額を支払う保険料などは「繰り返し設定」に登録しておくことで、入力の手間を省くことができます。繰り返し設定に登録しておいた項目は、登録した日付になると自動的に家計簿へと反映されます。

楠リカのアイコン画像楠リカ

まずはメニュー画面から「便利ツール」→「繰り返し設定」を選択。

楠リカのアイコン画像楠リカ

間隔・日付・金額などを入力しておけば、指定した日付に自動的に記録されていくよ!。

金融機関と連携して明細を自動入力

金融口座やクレジットカードからの支払いは、金融機関と連携させることで、その明細を自動で家計簿に反映させることができます(オンラインで明細が確認できるものに限定されます)。

メニューから「金融機関」を選択し、右下のマークをタップ。そこから連携させたい金融機関やクレジットカードを選び、その金融機関のアカウントやID、パスワード等を入力してください。

予算の設定と現状把握

Zaimでは全体的な予算だけではなく、カテゴリー別に細かく予算を設定することができます。また、現在予算に対してどのくらい使っているのかというのを一覧で確認できるので、とても便利。

「バランス診断」では、現在の支出を見直して最適かつ現実的な家計プランを提案してくれます。メニューから「月の予算」を選択すると、カテゴリ別に予算を設定できます。

「Zaim」の便利なところはココ!

細かいカテゴリ設定が可能

食費一つにしても「食料」「朝ごはん」「昼ごはん」など細かくカテゴリ分けされているので、何にどのくらい使っているのかというのが、とても分かりやすいです。

それに加え、Zaimでは独自にカテゴリを登録することもできます。元々のカテゴリにはないものを登録することで、人それぞれ自分だけの家計簿を作ることができるのです。

まずメニューから「カテゴリ設定」を選択し、右下のマークをタップ。

自分の好きなようにカテゴリ名、アイコンの色やマークを変えられます。

「給付金」のチェックが便利!

住んでいる自治体や家族構成を登録することで、実際にもらえる可能性のある給付金や手当などの一覧を見ることができます。

自治体によって様々な給付金がありますが、知らずにいるととてももったいないですよね。もらえる可能性のあるものだけをピックアップしてくれるので、漏れなくチェックできます。

特売情報もチェックできる

レシート入力の際に店名も登録すると、よく行くお店の特売情報がチェックできるようになります。これはクックパッドと連携して提供されるサービスであり、わざわざ広告を確認せずとも家計簿で確認できるというのはかなり便利ですね。

家族で家計簿を共有できる

アカウントとパスワードさえ知っていればどの端末からでもログインでき、情報を共有できるのは大きなメリットです。例えば夫婦や家族、それぞれの端末で入力や情報の閲覧が可能なので、わざわざレシートをまとめたりしなくても、家計の管理ができて便利です。

「Zaim」を使うことのメリット

入力のしやすさと続けやすさ

自動入力や繰り返し登録、クレジットカードや銀行口座との連携をうまく活用すれば、ほぼレシートを撮影するだけで簡単に家計管理をすることができます。

入力の煩わしさや入力忘れなどを防ぎ、より正確に継続して家計管理できるというのは、大きな魅力ではないでしょうか。

異なる端末からのログインが可能

「Zaim」はアカウントとパスワードさえあれば、スマートフォンでもパソコンでも利用することができます。例えば、レシートの入力はカメラのついたスマートフォンで行い、分析などは画面の見やすいパソコンやタブレットで行う…と言ったことも可能になっています。

多機能で「家計簿」だけに収まらない便利さ

ただ単に家計を記録し、分析するという機能だけなら、他のアプリでもいいでしょう。ですがZaimではそれに加えて、特売情報や給付金の情報などを入手することができます。

家計に関する様々な情報を一括で管理・チェックすることができるのは、大きなメリットではないでしょうか。

「Zaim」を使う上でのデメリット

自動入力の精度について

Zaim一番の売りといっても過言ではない、レシートの撮影自動入力ですが、商品名などは手直しが必要なことが多いです。店名や電話番号、価格などは比較的きちんと反映されているのですが、メジャーな商品などは結構正確に読み取れますが、マイナーな商品や店独自の表示方法がされているものは読み取りにくいようです。

撮り方についても、コツを掴むまではやり直ししなければならないことも多く、慣れないうちは二度手間になってイライラするかもしれません。

また、自動のカテゴリ分けも、明細が上手く読み取れないと全て「その他」となってしまうので、それも今後改善してほしいなと思う点です。

便利すぎて逆にお金の流れを掴みにくい

自動入力など、記録の手間が省けるのはとても便利です。しかし一方で、記録自体が単なる流れ作業になってしまい、お金の流れを実感しにくいと感じました。最終的な「分析」ありきの使い方なのかな、と思います。

すべての機能を利用するには有料会員にならなければ…

無料で使える機能も便利なので、それだけでも十分だという人も多いでしょうが…。やはり無料会員と有料会員では使える機能などに大きく差があり、無料の場合は広告も入ります。

複数アカウントでの利用など、有料会員ならではの機能も便利だなとは思うのですが、じゃあ有料で使いたいか?と言われると…

個人的には、現時点ではそこまでの魅力は感じませんでした。

こうすればより家計が節約しやすいんじゃないか?というアプリの活用法

家計簿の基本は収入・支出を継続して正確に記録していくことですが、もちろんただ淡々と記録していくだけではあまり意味がありません。

家計を見直して節約をするためには、まず「予算」の設定を行いましょう。Zaimではカテゴリ別や週別に予算を設定することができるので、これで使い過ぎを抑えるストッパーの役目を果たしてくれます。

また、最終的には家計の分析を行って、余裕があったカテゴリについては他のカテゴリに予算を回したり、逆につい使い過ぎてしまっていたカテゴリについては、次回から意識して出費を抑えたりすることができるでしょう。

楠リカのアイコン画像楠リカ

支出の割合は、円グラフで一目瞭然!カテゴリ別のグラフもあるので、何にたくさんお金を使っているのかがよくわかるね!。

楠リカのアイコン画像楠リカ

予算比での分析を行えば、あとどのくらい使えるのかというのもすぐにわかる!。

Zaim(ザイム)を使ってみたまとめ

Zaimを使ってみて思ったのは、家計に関して比較的初心者向けのアプリかなということです。手間を省くための自動入力やその他もろもろの機能はとても便利で、今まで家計簿の記録が面倒で続かなかった、やる気が起きなかった…という人でも、Zaimならば続けることができると思います。

実際、記録の手間がかからないだけではなく、全体的な操作もとても簡単で分かりやすいです。しかし一方でその時々のお金の流れが頭に残りにくいという点もあり、しっかりとお金の流れをつかみたい上級者にとっては、少し物足りないかもしれません。

シビアに節約したい人向けというよりは、「家計を把握したい」「大まかに家計を見直したい」という人向けのアプリなのではないでしょうか。

家計簿Zaim

家計簿Zaim

Zaim Inc.無料posted withアプリーチ

目次
閉じる