【無料で同期が無制限】Moneytree(マネーツリー)の使い方と活用法(メリット・デメリット)を初心者向けに解説

今や家計の収支はクレジットカードや電子マネーがメインになっている、という人も多い時代です。

しかし、これらの収支をきちんと家計簿に記録しようと思うと、明細を確認して一つ一つ記入または入力して…とかなりの手間がかかってしまいますね。

そこで紹介するのが、「Moneytree(マネーツリー)」という家計簿アプリ。「Moneytree」を使って一体どんなことができるのか、そしてどんなメリットがあるのか。

楠リカのアイコン画像楠リカ

ここでは「Moneytree」の使い方や、実際に使ってみて感じたメリットやデメリットなどを紹介するね。

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree無料posted withアプリーチ

目次

「Moneytree(マネーツリー)」の基本的な使い方の解説

Moneytreeの使い方は、いたってシンプルでとても簡単。

今まで家計簿をつけるのが苦手だった、続かなかったという人でも、家計簿を継続して記録していくことができます。

まずはパスコードの登録

Moneytreeを始めるにあたり、まずはセキュリティのために必ずパスコードの登録をしなければなりません。アプリを初めて起動した際に登録画面が表示されるので、数字4桁のパスコードを登録しましょう。

登録後は、アプリを起動するごとにパスコードの入力が必要になります。

楠リカのアイコン画像楠リカ

一度登録したパスコードも、メニューの「Moneytreeの設定」→「パスコードの変更」から変更できるよ!

金融機関やポイントサイトなどの登録

Moneytreeでは金融機関やポイントサイトと連携して、残高や明細を取得できる機能があり、これが家計簿記録のメインとなります。Moneytreeを使い始める際には、まずこれらの情報を登録しましょう。

使っている金融口座やクレジットカードなどを登録しておけば、明細取得時に自動で収支を記録してくれるので、とても便利です。

楠リカのアイコン画像楠リカ

まずは、使っている口座やカードをどんどん登録していこう!

楠リカのアイコン画像楠リカ

追加したい口座やカードを選択して、そのIDやパスワードを入力してね。(※Web上で明細が確認できるものに限られるよ!)

楠リカのアイコン画像楠リカ

登録が完了すると、残高や取引の明細を確認できるようになるよ!

「現金記録」で収支を入力

現金での支出については、「現金記録」のページから手入力を行います。入力画面はいたってシンプルで、基本的には金額とカテゴリを入力し、後は題名として簡単な内容を記録するのみとなります(有料会員となれば、レシートの添付保存なども出来るようになります。)

新規カテゴリの追加

既存のカテゴリでも十分細かい分類が可能ですが、足りないカテゴリがあれば新しく作ることもできます。独自のカテゴリを作成することで、より自分らしい家計簿を作り上げましょう。

楠リカのアイコン画像楠リカ

明細の記録中、カテゴリを選択する画面で、右下の「+」をタップ!新しいアイコンとカテゴリ名を登録してね!

「Moneytree(マネーツリー)」の便利なところはココ!

「経費」と個人的な支出を分類できる

例えば出張費用を個人の財布から立て替えた場合など、その支出を「経費」として記録しておくことができます。経費は一覧で見ることができるので、後で清算する際にいつ・いくら払ったのかというのを、きちんと把握することができます。

有料会員になれば経費のデータをCSVやExcel形式でダウンロードすることもできるので、経費の精算にかかる時間と手間が大幅に省けます。また、清算漏れなども防ぐことができるでしょう。

楠リカのアイコン画像楠リカ

経費として記録したい場合は、このボタンを「経費」に入れておこう!

楠リカのアイコン画像楠リカ

「経費」のページを開けば、経費として登録した記録を見ることができるよ!

グラフで収支の変化を把握

「現金入出金」「全資産の推移」「支出」の3つについて、その変化をグラフで確認することができます。月ごとに比較してどれだけ変化があったかということを、一目で把握することが可能。

楠リカのアイコン画像楠リカ

グラフの確認は、「個人」ページの右上のメニューを開き、「グラフを表示」を選択してね!

様々な「通知」機能

銀行口座の残高が足りず、クレジットカードの引き落としができなかった…という経験をされた人も多いでしょう。Moneytreeでは、クレジットカードを含め様々な料金の引き落とし日や金額を、事前に通知してくれる機能があります。

また、ポイントについても有効期限が切れる前に通知をしてくれるので、無駄なくポイントを使うことができます。

楠リカのアイコン画像楠リカ

「通知」ページ右上のメニューから、「通知設定」をしよう!いろんな通知があるから、必要なものを選んで設定してね!

「Moneytree(マネーツリー)」を使う上でのメリット

連携機関が圧倒的に多い

Moneytreeでは金融機関をはじめとして、電子マネーや各種ポイントサイトなど、約2600もの機関との連携が可能です。

これは他の家計簿アプリに比べても群を抜いており、生活全体の収支の把握が、より細かくそして簡単に行えるというメリットがあります。支払いはクレジットカードや口座引き落としがメインという人には、ぴったりです。

AIの精度が高い

他の家計簿アプリに比べ、MoneytreeはAIの精度が高いなと感じました。カテゴリの自動振り分けもきちんとされていて、あまり手直しが必要ありません(他のアプリでは、ほぼ「その他」に分類されたりすることもあるので…)。

広告表示がない

Moneytreeは無料版と有料版がありますが、無料版でも広告の表示がないのは大きなメリットです。他の家計簿アプリでは、必ずと言っていいほど無料版では広告表示があります。

ちょっとした広告でも、何度も出てきたら邪魔ですし鬱陶しいですよね。全く広告が出ないことに慣れてしまうと、もう広告が表示されるアプリには戻れません。

セキュリティの安全性

家計簿アプリには、絶対に漏れてはいけない個人情報が詰まっています。金融機関のIDやパスワードも登録してあるので、セキュリティに関して心配になることもあるでしょう。

しかし、Moneytreeは他のアプリに比べても、セキュリティ面で非常に配慮されていると感じました。実際に、世界基準のセキュリティレベルをクリアしているということです。

楠リカのアイコン画像楠リカ

起動にはパスコードが必須ということや、スクリーンショットが撮れないようになっている等の工夫がされているので、安心して使うことができるね。

「Moneytree」を使う上でのデメリット

現金による収支を記録する機能が弱い

今や現金の支出については、レシートを撮影するだけの自動入力というのも一般的になっています。しかし、Moneytreeではそういったレシートの自動入力機能がありません(有料版では使えるようですが)

クレジットカードや電子マネー、口座引き落としがメインの人にとってはとても使いやすいアプリですが、現金での支払いが多い人にはあまり向いていません。

あくまでも「現金記録」は、「口座から引き出した現金の使い道をメモ」程度の機能だと思った方がいいでしょう。

費目ごとの収支の把握がしづらい

Moneytreeは、支出全体における費目ごとの割合や金額を把握することができません。そのため、細かな分析をして節約につなげる…ということが、やりにくいように思います。

「マネーフォワード」との比較

金融機関やポイントサイトとの連携に強い家計簿アプリと言えば、Moneytreeのほかに「マネーフォワード」というアプリがあります。ここでは、この2つのアプリの違いについて、比較してみましょう。

現金記録のしやすさ

まずは普段のレシート等からの記録のしやすさですが、これは圧倒的にマネーフォワードの方が便利です。Moneytreeの現金記録は手入力のみ。一方、マネーフォワードではレシート撮影による自動入力機能や、電子マネーのICカードからの読み取りなどにも対応しています。

金融機関等との連携

どちらも2600を超える機関との連携ができる家計簿アプリであり、その点にはあまり優劣を感じませんでした。しかし、大きな違いは「連携先に登録できる数」です。マネーフォワードでは有料会員にならない限り、連携先は10件までとなっています。

銀行口座、クレジットカード、ポイントサイトなどを合わせると、10件では足りないという人が多いのではないでしょうか。その点、Moneytreeでは無料会員でも制限なしに連携先を登録することができます。

可視化と分析

Moneytreeでは、「現金入出金」「全資産の推移」「支出」を棒グラフにしたものしかありません。しかし、マネーフォワードでは支出の割合を表す円グラフやパーセンテージの表示、そして費目ごとの推移を棒グラフで表したものなどを確認することができます。

マネーフォワードは細かく収支の流れを把握したい人向けで、大まかな収支だけつかめれば良いという人にとっては、Moneytreeのシンプルな表示の方が向いているかもしれません。

どういった家計管理に向いている?

それぞれのアプリがどういった人に向いているのかをまとめると、以下のようになります。

Moneytree

  • 主に現金以外の支出が多い
  • 単独での家計管理
  • 家計の全体像の把握

マネーフォワード

  • 現金での支出も多い
  • 家族単位での家計管理
  • 細かな家計把握と分析

こうすればより家計が節約しやすいんじゃないか?というアプリの活用法

Moneytreeは現金以外の支出については、とても強いアプリです。まず初めに使用している銀行口座やクレジットカードなどをきちんと登録しておけば、無理なく家計簿を継続することができるでしょう。

しかし、問題なのは現金の記録です。Moneytreeでは現金の記録に少し手間がかかるので、できるだけ現金での支払いは避けるようにするのが吉です。支払いにはクレジットカードや電子マネーを使用することで、明細を自動で把握でき、漏れなく記録しておくことができます。

Moneytreeを使ってみて分かったメリット・デメリットまとめ

Moneytreeは使い方がとてもシンプルで、初心者でも簡単に使える家計簿アプリです。その中でも特に、クレジットカードなど金融機関を経由しての取引が多い人におすすめです。

セキュリティがしっかりしているのも強みと言えるでしょう。逆に現金の動きが多い人にとっては、少々使いづらいというのが少々残念なところではありますが…。家計の全体像を、より簡単かつ手軽に把握したいという人にとっては、とても使いやすい内容になっています。

また、有料会員になれば経費の精算や法人口座の登録など、社会人にとって便利な機能を使うこともできます。初心者から上級者まで、幅広い層に適したアプリだと言えるでしょう。

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree無料posted withアプリーチ

目次
閉じる