【初心者向けに解説】家計簿アプリを比較しタイプ別におすすめ

家計簿は、家計を管理しお金の流れを把握するためには必要不可欠。しかし、それに伴う労力は思いのほか大きなもの。

そんな労力を軽減し、簡単かつ手軽に家計簿が付けられるのが「家計簿アプリ」。ここでは人気の家計簿アプリの中から「Zaim」「MoneyForword」「Moneytree」「家計簿レシーピ!」「家計簿-カナヘイのストーリー×家計簿の無料お金管理アプリ」の5つをピックアップし、それぞれの特徴を比較してみたいと思います。

楠リカのアイコン画像楠リカ

ぜひ、家計簿アプリ選びの参考にしてみてね。

目次

家計簿をアプリで付ける利点

まずは、家計簿をアプリで付けることの利点について、一つずつ見ていきましょう。

いつでも記録ができる

今やスマートフォン端末は多くの人が肌身離さず持っているものですから、家計簿アプリを使えば隙間時間や購入したその時に、すぐ記録をすることができます

いつでも手軽に記録できることで、記録の漏れや、「レシートが山のように溜まって面倒…」という状況を回避することに繋がります。

記録の手間を省くことができる

アプリによってはレシートを撮影するだけで、自動で内容を記録してくれるものがあります。レシートさえきちんと取っておけば、何枚溜まろうとも、ちょっとした操作だけで全て記録できるのは大きなメリット。

カテゴリの仕分けも、AIにより自動で行われます。また、金融機関と同期して自動で明細を記録できるものもあるので、家計簿を付ける手間を最大限に省くことができるのです。

正確な集計と適切なグラフ化

家計簿アプリを使えば、集計を電卓で計算したり、エクセルなどを使ってわざわざグラフ化することもありません。

記録内容は全て自動で集計されるので、計算ミスで合計を間違えたりするリスクはゼロ。そして適切なグラフで可視化されることによって、より家計をきちんと把握することに繋がります。

家族で情報を共有しやすい

IDを登録するタイプの家計簿アプリでは、IDとパスワードさえ知っていれば、家族間で同じ家計簿を共有することができます。

家計簿は主に夫婦のどちらかが付けて…というパターンが多いですが、家計簿アプリならば家族全員が家計簿付けに参加できるというメリットがあります。

楠リカのアイコン画像楠リカ

財布が別々の場合に一元管理できるのは嬉しいね。

家計簿アプリの危険性は?アプリ内でロックをかけられるものも

大事な金融のデータを見られるのは怖いもの。安全性を高めるために、アプリ内パスワードで管理できるものもあります(MoneyTreeがそれにあたります)。

アプリごとの特徴の違い

一言で家計簿アプリといっても、そのタイプは様々です。それぞれに違った特徴があり、適する場面やメリット・デメリットも異なります。

楠リカのアイコン画像楠リカ

使い方(機能)別に分類するならば、大きく分けて「手入力タイプ」と「同期タイプ」の2種類あるんだよ。

手入力タイプというのは、自分でレシートや使用明細などから、一つずつ収支を記録していくタイプのことです。使う感覚としては、従来の紙やエクセルの家計簿に近いですね。

レシートの自動読み込みなども、大きくまとめるとこの手入力タイプです。もう一つの同期タイプは、金融機関等とアプリを同期させることで、その明細を自動で記録してくれるタイプの家計簿アプリ。使用明細や残高確認も、アプリ上で行えるという特徴があります。

楠リカのアイコン画像楠リカ

金銭だけではなくポイントの管理などができるアプリもあり、家計全般を管理するのに役立ちます。

手入力タイプのメリット

レシートの自動読み込みなど便利な機能があったとしても、いちいちの手間を考えると、デメリットばかりのように思える手入力タイプの家計簿アプリ。しかし、手入力で記録を行うことにより、お金の流れを感覚として掴みやすいというメリットがあるのです。

いつ・どれだけ使ったというのを、一つ一つ確認しながら入力していくわけですからね。同期タイプでは月末に集計を確認するだけ…ということになる人も多いでしょうが、手入力タイプならお金の出入りをしっかりと把握することができます。

また、支出の詳細な内容を記録したい場合にも、手入力タイプが向いています。口座引き落としやクレジットカードでは、明細に店舗名は表示されますが、その細かな内訳までは記録することができません。支出について一つ一つ分類し、細かく分析して節約につなげたい…という人には、手入力タイプがおすすめです。

同期タイプのメリット

同期タイプのメリットとしては、何よりもまず「手間がかからない」ということが挙げられます。明細を見ながら一つずつ入力する…という面倒な手順を、全て省くことができるのは大きなメリット。そして記入漏れや、金額の入力ミスなども起こらないので、より正確な記録をすることができます。

引き落とし日や残高不足をアラームで知らせてくれるアプリも多いので、「いつの間にか残高がゼロに…」なんてことも防げます。また、家計簿アプリで様々な金融機関やポイントサイトなどの明細を管理できるのも便利なところ。

わざわざ各サイトに行ってIDとパスワードを入力して…とやらなくても、家計簿アプリ上でいつでも内容を確認することができるのです。

手入力タイプの家計簿

まずは、より従来の家計簿に近い、手入力タイプの家計簿アプリから見ていきましょう。それぞれの特徴やメリットなどは以下の通りです。

「家計簿-カナヘイのストーリー×家計簿の無料お金管理アプリ」

家計簿-カナヘイの節約できるお金管理アプリ-

家計簿-カナヘイの節約できるお金管理アプリ-

UNITED, Inc.無料posted withアプリーチ

「家計簿-カナヘイのストーリー×家計簿の無料お金管理アプリ」は、とてもシンプルで従来の家計簿に近いタイプのアプリです。機能は必要最低限に絞られており、今まで家計簿を付けたことがないという初心者にも安心の内容になっています。

基本的には「収支の入力」「履歴とグラフの確認」「おまけ(おはなし)」の3つの機能しかありませんから、使い方で悩むことはないでしょう。アプリ全体が可愛らしいレイアウトとなっており、カナヘイのキャラクターがモチベーションを上げてくれます。

おすすめポイント

  • 機能がシンプルで誰でも使いやすい
  • 可愛いキャラクターでモチベーションが上がる
  • 「おまけ」を目標に継続したくなる
楠リカのアイコン画像楠リカ

かわいいキャラクターのストーリーに、癒されながら家計簿付けができるんだ!

「家計簿レシーピ!」

家計簿レシーピ! レシート読み取り・家計簿アプリ

家計簿レシーピ! レシート読み取り・家計簿アプリ

Dai Nippon Printing Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

「家計簿レシーピ!」は、手入力アプリの中ではトップクラスの機能を持ったアプリです。金融機関等と同期することはできませんが、

  • 基本的な手入力に加えてレシートの読み込み入力
  • 取引のお気に入り登録
  • 定期的な取引の自動入力

など、様々な機能が充実しています。収支を口座やクレジットカードごとに分けることもできるので、より細かく家計を分析することができるでしょう。

また、可愛いキャラクターのアシストや、購入した品物に応じて紹介されるレシピも、家計簿継続のモチベーションアップに貢献してくれます。

さらに、レシート撮影でポイントがもらえるキャンペーンがあったり、継続していくとご褒美として「バッジ」がもらえるなど、家計簿を意欲的に続けやすい内容になっています。

おすすめポイント

  • 記録に便利な機能が充実している
  • お得かつ楽しく家計簿が継続できる
  • 全ての機能が無料で使える
楠リカのアイコン画像楠リカ

レシートの内容からレシピを考えてくれるのも、主婦にはとっても嬉しい機能!

同期タイプ

次に、記録の手間を最低限に抑えられる、同期タイプの家計簿アプリを見ていきましょう。それぞれの特徴やメリットは、以下の通りです。

MoneyTree

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree無料posted withアプリーチ

「Moneytree」は、同期タイプの家計簿アプリの中でも、特に金融機関等と同期しての家計簿付けに特化されています。同期できる連携先はとても多く、しかも無料会員でも連携先の上限がないという特徴があります。

支出を「経費」に振り分けられるのもこのアプリの利点で、出張などで経費を立て替えることの多い社会人や、自営業の人にはとても便利。有料会員になれば法人口座の登録もできるようになり、家庭内の収支だけではなく、ビジネス向け機能もあるアプリです。また、世界基準にセキュリティレベルをクリアしており、安心して使えるのもメリットです。

おすすめポイント

  • 連携先が多い(連携数が無制限)
  • ビジネス向けコンテンツがある
  • セキュリティがしっかりしている
楠リカのアイコン画像楠リカ

「経費」の記録ができるのは「Moneytree」ならではの特徴!

MoneyForword

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

「MoneyForword」は、同期タイプとしても手入力タイプとしても優秀な家計簿アプリです。同期できる連携先もMoneytreeとほぼ同レベルでありながら、手入力についてもレシートの読み込み、ICカードリーダーなど、便利な機能が搭載されています。

無料会員では同期できる数が10件までと少なめですが、限られた口座やカードしか使わないという人にとっては十分ではないでしょうか。

また、費目ごとの細かな予算設定を行えるので、節約目的で家計簿を付けたいという人にピッタリです。自身と同じような家族構成・年代の支出を参考に、予算を設定することができるのも便利なポイント。

おすすめポイント

  • 連携先が多い(無料会員では、連携先は10件まで)
  • 手入力機能も充実している
  • 細かな予算管理ができる
楠リカのアイコン画像楠リカ

同期タイプでありながら、充実した手入力コンテンツが魅力!

Zaim(ザイム)

家計簿Zaim

家計簿Zaim

Zaim Inc.無料posted withアプリーチ

「Zaim」は、同期タイプと手入力タイプをバランスよく組み合わせた家計簿アプリです。同期できる連携先はMoneytreeやMoneyForwordと比べると少ないですが、それでも主要な金融機関等はほぼ同期できます。

手入力もレシートの読み込み、繰り返し入力、よく使う取引の登録など、様々な機能が充実。また、Zaimは予算の管理が他のアプリよりもやりやすいのが特徴です。

ホーム画面で全体の予算チェックをすることができ、各費目ごとの予算も分かりやすく確認することができます。さらに、単なるお金の管理だけではなく、給付金や特売情報など、お金に関する情報を提供してくれるのもZaimならでは。

おすすめポイント

  • 総合的に機能が充実している
  • 予算管理のしやすさ
  • 給付金など、お金に関する情報の提供
楠リカのアイコン画像楠リカ

細かな予算の設定で、節約につなげられる!

タイプ別おすすめ

それでは各家計簿アプリの特徴が分かったところで、それぞれどんな人におすすめなのかを考えてみましょう。

クレジットカードや口座引き落としが多い人には「Moneytree」がおすすめ

支出の多くがクレジットカードや銀行引き落としだという人には、断然「Moneytree」がおすすめです。

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree 家計簿より楽チン

Moneytree無料posted withアプリーチ

登録できる連携先に制限がないため、使っているカードや口座の登録さえしておけば、ほぼノータッチで漏れなく収支を記録していくことができるからです。連携先の多さでは「MoneyForword」も捨てがたいですが、こちらは登録数に制限があるのがネック。

逆に、現金決済が多い人は、「MoneyFoword」「家計簿レシーピ!」「Zaim」など手入力機能が充実しているものを選びましょう。

総合的な家計管理をしたい人には「Zaim」がおすすめ

現金や預金の収支の動きを分かりやすく、かつ総合的に管理したい人には「Zaim」がおすすめです。

家計簿Zaim

家計簿Zaim

Zaim Inc.無料posted withアプリーチ

手入力にも金融機関等との同期にもバランスよく対応しているため、年齢・性別・家族構成を問わず幅広いユーザーに対応できます。

細かな予算の設定やグラフによる分析が分かりやすく、初心者から上級者まで使いやすい内容となっており、家族で共有しても使い勝手が良いというメリットも。

家計簿初心者には「家計簿-カナヘイのストーリー×家計簿の無料お金管理アプリ」がおすすめ

どの家計簿アプリも初心者でも使いやすい仕様にはなっていますが、その中で最も使い方がシンプルで簡単なのは、「家計簿-カナヘイのストーリー×家計簿の無料お金管理アプリ」です。

家計簿-カナヘイの節約できるお金管理アプリ-

家計簿-カナヘイの節約できるお金管理アプリ-

UNITED, Inc.無料posted withアプリーチ

余分な機能は一切なしで、必要最低限の機能しかない分、誰でも使いやすくわかりやすい内容になっています。

楠リカのアイコン画像楠リカ

ひとまず細かな記録や分析は置いておいて、大まかな収支を確認できれば良い、という人におすすめ。

アプリがおすすめできない人

家計簿アプリはとても便利で、ぜひとも多くの人に使って欲しいと思うのですが…。一方で、家計簿アプリを使うのに向いていないケースというのも存在します。まずは「端末のセキュリティが甘い人」。家計簿アプリは便利な反面、とても多くの個人情報を一つのアプリに抱えることになります。

端末にロックをかけていなかったり、金融機関を含め様々なIDやパスワードを同じものにしている人などは要注意です。

楠リカのアイコン画像楠リカ

アプリ自体にもパスワードがかけられるものは、必ず設定を!

次に、長年にわたり記録を取っておきたいという人にも、家計簿アプリはあまり向いていません。無料会員では過去1年分の記録しか振り返ることのできないアプリも多いですし、無制限に記録を見られるアプリでも、アプリ自体のサービスが終了してしまえばおしまいです。

データが出力できるアプリもありますが、長期的な記録の保存を考えるならば、やはり紙やエクセルなどが強いですね。

おすすめの家計簿アプリまとめ

それぞれの家計簿アプリの特徴をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。家計簿を付ける目的や、現金・預金どちらの動きが多いかなどによっても、選ぶアプリは変わってきます。

あらかじめ、ある程度各アプリの特徴を把握しておき、自分にピッタリな家計簿アプリを選びましょう。

目次
閉じる